プロジェクト

全般

プロフィール

平成29年度NPO日本openEHR協会活動報告 » 履歴 » バージョン 1

バージョン 1/4 - 次 » - 最新版
KOBAYASHI Shinji, 2018/09/05 15:06


平成29年度NPO日本openEHR協会活動報告

はじめに

NPO日本openEHR協会の平成29年7月から平成30年6月までの活動について以下のように報告する。

団体概要(第3期末)

  • 会員数:個人会員15名、法人会員0
    • 平成29年6月末で4名退会、7月以降に2名参加

主催イベント

下記のイベントを主催した。

日本openEHR協会第1回総会・セミナー

  • 開催日時・場所: 2017年7月29日京都(京都リサーチパーク)
  • 参加者:14名
  • 概要:第1回の年次総会を行った。午前中にチュートリアルを開催し、理事会、総会の後でセミナーを行った。千年カルテプロジェクトや健診でのopenEHR利用についての報告がなされた。 ## 第1回openEHRテクニカルワークショップ
  • 開催日時・場所:2017年10月20日東京(TKP品川カンファレンスセンター)
  • 参加者:10名
  • 概要:openEHRのオープンソースソフトウェア実装のひとつであるEtherCISについて、開発者のChristian Chevalley氏をお招きしてopenEHRの実装についての講演をしていただいた。 ## 第37回医療情報学連合大会チュートリアル:臨床情報モデリングとISO13606規格、openEHR仕様
  • 開催日時・場所:2017年11月20日大阪(大阪国際会議場)
  • 参加者:約20名
  • 概要:医療情報学連合大会のチュートリアル企画として提案され、採択された。SNOMED CTについて、Don Sweete氏の講演があり、その利用について伊藤龍史氏が解説を行った。ISO 13606規格およびopenEHR仕様について概説を行い、それに準拠した臨床情報モデルの設計とその方法について、京都大学の小林が概説した。

第2回openEHRテクニカルワークショップ

  • 開催日時・場所:2018年2月2日京都(京都リサーチパーク)
  • 参加者:6名
  • 概要:第1回に引き続きopenEHRの実装技術について解説を行った。

第3回openEHRアンカンファレンス in 京都

  • 開催日時・場所: 2018年2月3日京都(京都リサーチパーク)
  • 参加者:1名
  • 概要:NPO法人としての今後の活動方針について検討した。

参加イベント

下記のイベントに参加し、国内外での交流を深めた。
* MEDINFO2017(2017年8月、中国杭州市)
* AeHIN General assembly(2017年3月、ミャンマー、ネピドー)
* 第37回日本医療情報学会
* 第13回医療オープンソースソフトウェア協議会